プロファイル田舎ツーリズム田舎暮らし(二地域居住)アクセス



   ■山梨市の魅力


 


 

 


   11月1日に西沢渓谷へ紅葉ハイキングへ行って来ました。3連休ということもあって家族ずれ、外国のグループ、登山大好きな人など

   大勢の人が渓谷を目指して出発。天候も大変よく透き通った快晴で元気いっぱいに良い空気で癒されました。


山梨市ホームページ

山梨市観光協会 ぐるっと山梨市

交流・居住のススメ 山梨暮らしガイド

山梨牧丘 さとうぶどう

養老酒造&酒蔵櫂

花泥房

大井俣窪八幡神社


   西沢渓谷入口手前の、道の駅「みとみ」横に臨時駐車場が大きく設けられていました。現地到着が10時頃でしたが満車にはならず

   一安心でした。因みに臨時駐車場のため1日500円掛かります。誘導警備の方も大勢いて安心でした。


  10:00a.m. 

  駐車場から、いざ西沢渓谷に向けて出発。天気はいいのですが、渓谷内は気温がグッと下がるので防寒具を着用しています。

  登山なので皆さん大きなリュックサックを背負ってます。中身は、お水やお茶、お昼のランチ弁当、お菓子です。


  警備も厳重に行われていました!!  

  この時期渓谷内でよそ見をしながら写真撮影をして怪我をする方、河川に入り怪我

  をする方等思わぬ事故に遭遇する人が増えているとの事です。近年、ペット同行で

  登山をする方も増えているそうです。ペットが怪我をしますので絶対に一緒には

  登山しないようにしてください。


  10:45a.m. 

  いよいよ、渓谷内へと入って来ました。二俣吊り橋は絶好の写真スポットで、多くの人が橋の真ん中で立ち止まり写真撮影です。

  少し、風が出てきて枯れ葉が宙を舞いながら落ちていく。何て美しいことでしょう。 山梨市観光協会ライブカメラはこちら。


   11:15a.m. 

  ここからが滝のスポット。三重の滝で休憩し写真タイム。その後、アップダウンの激しい道を行き、目指すは七ッ釜五段の滝。

  渓谷内は、木々が滝にあたり涼しいため、紅葉のピークは大分過ぎていましたが枯れ葉を踏みしめながら前へ進みます。

   12:00p.m. 

  正午に七ツ釜五段の滝に到着です。ここが一番の見どころな場所な為大変混雑していました。ここまで、渓谷入口から2時間。

  休憩をしながら無理をせずにここまでたどり着きました。この先で楽しみのランチ弁当です。


   12:30p.m.
 

  ここで、ランチ弁当を食べ、いよいよ西沢渓谷終点です。休憩所で紅葉を見ながらお弁当を広げ食べている人。トイレ休憩をする

  人など様々でした。森林浴の癒し効果が確認された「森林セラピー基地」に認定されるだけのことはある頂上です。


   13:00p.m. 

  
ここから折り返し地点となり滑らかな下り坂。古いトロッコ軌道が残っている緩かな景色を楽しみながら歩いて行きます。

   日向に当たると心地よい暖かさで、
少し陰に入るとやはり風が冷たくダウンコートを着ての下山となりました。帰りはゆっくりと
 
  
マイペースでしたので西沢渓谷入口到着が14時30分となりました。到着時には、日頃のストレスなどは解消され、さすが

   「森林セラピー基地」という名だけある最高のパワーを頂き、癒しスポット「西沢渓谷」登山でした。1周、約4時間下山後は、

   笛吹川フルーツ公園側の温泉で温まり帰宅しました。                               体験記 長岡 弘樹 


copyright© NPO Yamanashi Government Association All rights reserved.
HOMEへ HOMEへ戻る メールでのお問い合わせはコチラ!!